むくみが顔に出てきた!これって病気なの?それとも肥満?

hiaman

ちょっと太ってきたなという人との会話で、こんなやりとりを耳にすることがあります。

「あなた、最近太ってきたんじゃない?」
「いいえ、ちょっとむくんでるだけよ」

あなたの近くでも、このような会話を耳にしたことはありませんか?確かに、むくみと肥満は別物ではありますが、それぞれに因果関係があるというのです。

むくんでいるから太りやすくなる。太っているからむくみやすくなる。そういう事があるそうです。今回は、それらの関係と関連する病気についても調べてみました。

スポンサーリンク

肥満とむくみってどんな関係があるの?

基本的にむくみというのは体内の水分が溜まってできるもので、肥満は脂肪がたまった結果ですね。それぞれの因果関係に関してですが、むくみが続くと代謝が悪くなるという事です。

むくみの原因のである代謝の悪化ですが、代謝が悪くなるという事はすなわち肥満の原因になるということです。つまり、脂肪をため込むことになってしまいます。ダイエット情報でよく耳にする「セルライト」というものも、代謝が悪いせいでたまった脂肪なんだそうです。

逆に、肥満がむくみを起こす原因には何があるでしょうか。

これも代謝が関係してきます。実は太りやすい人は代謝が悪くなっているそうなんです。代謝が悪いとやはりむくんでしまうと。

いずれにしても代謝が関係してくるわけですね。

肥満において代謝が悪いことの原因は生活習慣の乱れという事が言われています。食生活の乱れ、運動不足などですね。また、加齢に伴って代謝が落ちていきますので、若いうちから代謝が悪くならないように心がけることが必要かと思います。

むくみと肥満の見分け方は?

良く知られている方法としては、気になるところを10秒ほど指で押し込んで、指を離してすぐにへこみが戻るなら肥満で、へこんだままがしばらく続くようであれば、むくみ。と考えてみたらよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

顔のむくみから疑う病気は何?

顔がむくんでいるという事で疑うべき病気については、腎臓病、甲状腺機能低下症などがあるようです。

また、むくみが全身に及ぶ場合は重症の恐れもありますので、できるだけ早く医師に診てもらった方がよいという事です。

腎臓病(ネフローゼ症候群など)

腎臓病で有名なのはネフローゼ症候群です。症状としては、むくみの他に、おしっこの量が減ったり食欲不振が見られるとのことです。

おしっこが出なくなって体に水分があるにもかかわらず、むくんでいるために血液中の水分が少なくなるという状態になるんだそうです。

その結果、腎不全を起こす可能性もあるとのことです。

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンの分泌が低下するという病気なのだそうです。甲状腺の病気は女性に多いようで「橋本病」がよく知られているとのことです。

むくみに関係する症状としては、まぶたがむくんだり、唇が厚くなることがあるそうです。

まとめ

全てのむくみが病気に関係あるものだという事は言えませんので、むくみがあるから病気なのだとすぐに判断することは不安をあおるだけではありますが、可能性がゼロであるというわけではないでしょう。

気になったならば病院に行って診てもらうという事をお勧めします。それで見つかったら早期発見という事ですし、異常が見つからなければ健康を確認できたという事で安心できますからね。

むくみに限らず、気になる症状が出てきたら一度かかりつけの医師に相談してみると良いでしょう。かかりつけの医師がいないという場合は、この際ですから、かかりつけの医師を見つけてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ