おならが臭いのは何かの病気?大腸がん、潰瘍性大腸炎かも。

病気

おならは元々臭いもの。とはいえ、あまりにも臭い場合は病気を疑った方がよいという事もあります。普段はあまり臭いはしないのに、最近おならのにおいが臭くなってきた。などという場合は、ちょっと気にした方がよい場合もあるのです。

おならが臭いからと言って、すぐに病気だという事は言えないのですが、病気によっておならが臭くなるという事はあるようですので、普段はおならが臭わないのに、突然臭いおならが出るようになった。しかもそれが長い間続いている。という場合は病気を疑ってみてはいかがでしょうか。

また、元々おならが臭い。という人はなおのこと、一度病院でチェックしてみた方が良いと思うのです。

スポンサーリンク

臭いおならの基礎知識

まずは、おならの基本的な知識ですが、腸内で発生するガスというのはおなら全体としてみると3割ほどだそうです。そして残りの7割が口から飲み込んだ空気だというのです。

そして、おならが臭いのは腸内で発生するガスが原因と言われています。腸内の悪玉菌が発生させる有害なガスがにおいのもとになっているのです。

具体的には、硫化水素やインドール、スカトールやアミン。というものが有毒なガスであり、においの元であると言われています。またメタンチオール(メチルメルカプタン)というガスも臭いのするガスとして知られています。

腸内環境が整っていれば、おならのにおいもキツくはないのですが、腸内環境のバランスが崩れると悪玉菌が発生させるガスが臭いおならとなって出てくるのです。この悪玉菌が発生させるガスは、いわゆる「腐敗型ガス」と言われています。

一方、善玉菌が発生させるガスは「発酵型ガス」と言われ、不快なにおいはほとんどしません。

おならの回数は通常は1日に5回から20回が平均だという事です。これは個人差もあるとは思いますが、この回数を超えて異常なほどおならが出るという事であれば、これもまた病気を疑う必要が出てくるかと思います。

おならを我慢するのは体に良くない

人前でおならをするということは、なかなかできませんよね。だからそういう場所でおならがしたくなったら多くの人はおならを我慢することと思います。

しかしながら、おならを我慢するという事は体にもよくないという事が言われています。

我慢したおならは出所を失い、やがて腸内に取り込まれてしまうそうなんです。そして、おならの中に含まれている有毒ガスも取り込まれてしまい、それが血液中に回り結局のところ、口臭がきつくなったり、体臭がきつくなったりしてしまうそうなんです。

まったく我慢するなという事は言えませんが、必要以上に我慢するのは体にもよくないので、タイミングを見てその場を離れ放屁(ほうひ・おならをすること)した方が良いと思われます。

どうしてもその場を離れられないという最悪の場合は、現代人の高等技術である「すかしっぺ」という技術も活用して何とかその場を凌ぎましょう。ただし、すかしっぺで「音」は回避できたとしても「におい」については、いかんともしがたいので、日頃から腸内環境を整えておきたいものです。

そうはいっても腸内環境を整えるのは大変です。今すぐにでもおならのにおいを消したい。という人もいるかと思います。そういう場合には「おなら対策グッズ」を利用させてもらいましょう。

詳しくはこちらに書いてありますので、ご覧ください。

>>おならが臭い!今すぐに「におい」を消す方法は?

シュレディーズというところから「おなら消臭パンツ」なるものが販売されているようです。しかも、「おなら消臭ジーンズ」なるものも発売の予定がされていて、両方併用すれば、おなら対策はある程度可能ではなかろうかと思うのです。

スポンサーリンク

臭いおならでも病気じゃないと思われるもの

おならが臭いからと言ってすぐに病気だという事は言えないと既に書きましたが、病気を原因としない臭いおならというのには以下のようのものがあげられます。

ただし病気を原因としないとはいえ、悪玉菌が発生させるガスは有毒ですので気に掛けるくらいはしておきましょう。

食べ物によるもの

肉などの動物性のたんぱく質を食べると、腸内で悪玉菌が腐敗型のガスを発生させ、また腸内の悪玉菌が増えるということが分かっています。そのため、おならが臭くなります。

また、玉ねぎやニンニクなどの硫黄分を多く含む食べ物を食べた時もおならのにおいは臭くなると言われています。

消化不良によるもの

よく噛まないで食べたり、ストレスを感じて胃酸の分泌が弱まっている場合は消化不良が起こりやすいと言えますが、ここたんぱく質を分解する際に発生するガスが臭いとのことです。

早食いなどは消化不良のもとですので、しっかりとよく噛んで食事をするようにしましょう。

寝不足によるもの

寝不足になると腸の働きが低下し、おならのにおいがキツくなるようです。

臭いおならで疑われる病気とはどのようなものか?

病気によっておならのにおいが変わってくるという事も言われています。

においの臭いおならが気になったら、恥ずかしいとは思いますが、まずは病院で診てもらうという事が良いのかと思います。

大腸がん

日常的に腐った玉ねぎのようなにおいのするおならが出ている場合は大腸がんのリスクが高いそうです。

腐った玉ねぎのようなにおいの元はメタンチオール(メチルメルカプタン)ですが、大腸がんの患者さんのおならに含まれるメタンチオールは通常の人の10倍以上も含まれるという報告があり、おならの検査で大腸がんの早期発見ができないかと研究している研究者もいるようです。

大腸がんは初期症状はほとんどなく痛みもなく、初期の段階では見つけにくいものだと言われています。初期段階で見つかるのは、大腸がん検診や人間ドックなど自分で検査を受けた場合がほとんどのようです。

だからこそ、日頃からおならのにおいの変化には気を付けておきたいものですね。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎を患っている人のおならは腐った卵のような臭いがすると言われています。潰瘍性大腸炎とは、原因が明らかになっていない病気で特定疾患にも指定されています。

安倍晋三氏がこの潰瘍性大腸炎で第一次内閣を退陣したことは有名な話です。

便秘症

便秘も病気と言えば病気ですよね。

便秘になることで腸内の悪玉菌が増えてしまうそうなんです。悪玉菌が増えればおならが臭くなるのはこれまでも書いた通りです。

便秘になればお腹も張ってきて、おならの回数も増えてきます。においも臭いし回数も増える。という悪循環に襲われる便秘ですから、できるだけ早く治したいものです。

便秘に関しては、毎日便通があるかどうかで便秘かどうかは分かりますから、病院に行くまでもなく便秘であるという事は判断できます。

そうなれば、あとは腸内環境をよくするために乳酸菌を摂取するなどの対策をしていきましょう。便秘が酷い場合は、病院に行って診てもらうという事も検討すべきかもしれません。

まとめ

おならが臭いのは仕方がない。とは思うものの、そのにおいが度を越えているなら病気の疑いもあるということを視野に入れて、病院で診てもらう事をお勧めします。

何もなければ、それはそれで安心を確認することができますし、何か悪いものが見つかれば処置してもらえば良いのです。

何もせずに症状が悪化し手遅れになってから病院に駆け込んでも、結果として望むものは得られないでしょう。

おならが臭くなってしばらくたつけど治まらない。これは、食事による一時的なものではないと感じたら、病院で医師に診てもらって病気ではないかどうか確認してみてはいかがでしょうか。

 
こちらの関連記事もご覧ください
>> 彼氏のおならが異常に臭い!硫黄臭がして嘔吐する程に

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ