無酸素運動と有酸素運動ダイエットの特徴

運動には有酸素運動と無酸素運動がありますが、ダイエットでは有酸素運動について言及されているものを多く見かけます。

一方、無酸素運動についてダイエットと絡めて言及されているものはあまり目にしたことがありません。

それは有酸素運動がダイエットに効果的だからということなのでしょうか。

スポンサーリンク

無酸素運動とダイエットについて

無酸素運動というのは、いわゆる「筋トレ」のことで、側近が肥大し、基礎代謝がアップすると言われています。

基礎代謝がアップすれば辛い運動をしなくても太りにくい体になるということです。

ですから基礎代謝が多い人、つまり筋肉量が多い人ほど体重が落ちるスピードは早いと言えます。

 
ところが、無酸素運動を継続してやっても体脂肪が減る一方、体重は変わらないという人が多いようです。

これは脂肪が減った一方で筋肉が付くことにより、体重の変化が見られない、あるいは逆に体重が増えてしまうということだからだそうです。

その上、無酸素運動でダイエットの効果を求める場合、基礎代謝に依存するため、有酸素運動や食事制限と比較すると、その効果が現れにくいという特徴があります。

 
つまりは、無酸素運動がダイエットでどのような役割を果たすのかというと、脂肪を落として体重を減らすということではなく、基礎代謝を上げて太りにくい体を作るという点にあります。

食事制限のように即効性がある方法ではありませんが、無酸素運動はダイエットに無意味というわけではないのです。

逆に、太りにくい体を作るという点から見ても、無酸素運動はダイエットには優れた方法ではないかと思うのです。

スポンサーリンク

有酸素運動の特徴と欠点

先も書いた通り、ダイエットと運動ということで言えば、有酸素運動が知られています。

ウォーキングなどが例としてよく挙げられます。

ここでは有酸素運動の特徴と欠点について考えてみたいと思います。

 
有酸素運動を行った場合、脂肪がエネルギー源として筋肉を動かすのに使用されます。

ここが無酸素運動と違うところで、有酸素運動は脂肪を落とすための運動と言えます。

有酸素運動は体力に自信がなくても気軽に始められますが、その燃えた脂肪については想像している量よりもはるかに少ないと言われています。

このような欠点もありますが、女性でも簡単に始められるということですから、その点はうれしいことです。

また有酸素運動は筋肉痛にもなりにくいですし、回復も早いと言われていますので、無酸素運動はちょっと。という方は、有酸素運動からを始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ