単品ダイエットは成功する?失敗する理由とその対策は?

ダイエットの一つの方法として、○○だけ食べるというダイエット方法があります。

テレビなどで取り上げられて有名になったものもありますが、効果が出なかったり体の不調が見られるという場合もあるようです。

一時期、リンゴダイエットなるものが流行った時期がありますが、そのダイエットを試した人の体験談を耳にしたことがあります。

リンゴダイエットとは、一日にリンゴと水だけを口にしてよいという超過酷なダイエット方法です。

 
その人は3週間そのリンゴダイエットを続けたらしいのですが、常に空腹の状態が続き、体力が低下、見かけもガリガリになってしまったという話です。

その後に待っていたものは、例のごとくリバウンドの上、体調を崩すなどと苦労が待っていたそうです。

スポンサーリンク

○○だけダイエットは効果があるのか?

○○だけダイエットといえば、グレープフルーツダイエット、ゆで卵ダイエット、パイナップルダイエットなどがあるようです。

これらのダイエット方法は、摂取するカロリーが減るために、短期間で体重を落とすことが可能といえます。

しかしながら、同じものばかり食べることになりますから、飽きてくるでしょうし、栄養の偏りから健康面での不安が考えられます。

摂取カロリーが少ないために体が軽い飢餓状態だと判断して、摂取したエネルギーを脂肪細胞にため込もうとし始めます。

 
そうなると基礎代謝が落ちてくることになります。

そして、いつかその○○だけダイエットをやめる時が来ますが、待っているものはやはりリバウンドなんですね。

このように単品ダイエットは間違った方法なので、ダイエットをするなら、規則正しく生活をして必要なエネルギーを摂取し、そして適度な運動をするのが一番だと。

そう思ったりします。

スポンサーリンク

ダイエットに失敗する理由は何?

ダイエットが成功しない理由の多くは継続しないことだとされています。

そりゃそうですよね。続けなきゃ成功しない。当然です。

中には3日坊主や1日で止めてしまう人もいるみたいです。

 
なぜダイエットは続かないのでしょうか?

その理由として、ダイエットは辛いもので嫌なものだという思いがあるからだという人もいます。

甘いものを食べないなど、好きなことを我慢して嫌なことを無理やりにしているからですね。

確かに、それでは続くはずがありません。

 
目標があるわけですから、多少の我慢も必要でしょう。ですが、我慢だけでは精神的には辛すぎです。耐えられないでしょう。

ではどうすればよいか。

どうしても食べたいものがあれば、1日1食は食べるのはどうでしょう?

飲み会の我慢もしない。

甘いものが食べたいなら1週間に1回ならOKとする。しかし、その日のお風呂は長めに、そして半身浴とする。

 
毎日のダイエットが頑張れないということであれば、1日くらいは休んでもいいでしょう。

ですが休みっぱなしにならないように、翌日からは頑張るようにしましょう。

始めからハードなルールをガチガチに決めて、守ろうとするのではなく、自分が守れるソフトなルールを決めて長期計画でダイエットを成功させられるとよいですよね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ