高血圧予防のため減塩食 洋食と和食 どちらが良い?

高血圧の人の食事は減塩が求められるというのはよく知られている事実だと思います。

高血圧と塩分の関係とはどういうものでしょうか?

もともと人間の体には余分な塩分を体外に排出する仕組みがあるのですが、生まれつきその働きが弱い人がいるんですね。

その場合、塩分が体にたまりやすいので、それらを体外に排出する目的でカルシウムを細胞内に取り込もうとするのだそうです。

細胞内にカルシウムが取り込まれると、血管が収縮するため血管が狭くなるため血圧が高くなるということのようです。

 
このことから、塩分を取るのを控えて体内に塩分をためることがなければ、血圧が下がると考えられます。

このように食生活から変化を加えていき、血圧を下げ高血圧の再発を防ぐということは予防医学の一つと言われています。

スポンサーリンク

高血圧では減塩が奨められる

高血圧の人が摂取してよい塩分の量としては、高血圧学会が推奨量を提示しています。

その量は6グラムとされています。

減塩が大事で減塩食にしようと言っても、単に料理の際に味付けを薄くしたというだけでは、1日6グラム未満に抑えるのは難しいでしょう。

6グラムの塩分というと通常の日本人が1日に摂取する塩分の半分ですから、かなりキツイ減塩と言えましょう。

 
この6グラムの塩分というのは調味料としての塩だけではなく、もともと食品に含まれている塩分も合わせての6グラムですから、どのような食材を使用するか、その食材にどれくらい塩分が含まれているかということに気を付けなければいけません。

食材のパッケージには成分表があると思いますので、そこで塩分量を確認すると良いでしょう。

スポンサーリンク

和食は体にいいと言われるけれど、高血圧にはどうか?

高血圧の人の食事の減塩については基本的には一生続けていくことになると思います。ですから、単調にならず飽きないメニューにする必要があります。

基本的に和食は低脂肪と言われており、また食物繊維も多く含まれ、体に良いイメージを持たれていますが、味付けに関しては塩分が多くなりがちな献立が多い傾向にあります。

肥満対策には良いのでしょうが、高血圧にはあまりよくありません。

味噌汁やお漬物、といったものを毎日、毎食取り続けていると塩分の摂りすぎということになってしまいます。

和食か洋食かという点で言えば、高血圧の人に関しては脂肪に注意すれば洋食のメニューの方が向いてると言えるようです。

高血圧には減塩が良いとはいえ味気ない

減塩が奨められるとはいえ、単に塩分を減らしただけの料理は味気ないものです。その上、おいしく感じられません。

減塩してもおいしく食べられるコツのようなものはないものでしょうか?

 
それは、香りや風味をきかせるという方法があります。

ニンニクやしょうが、しそなど香りの強いものを料理に加えてみるとおいしさも変わってくるでしょう。

カレー粉、唐辛子、わさびなどの香辛料も味に変化を与えてくれます。

塩が恋しいということであれば、塩の代わりに酢やレモン汁を使うという方法もよく知られています。

 
しょうゆも塩分が含まれていますが、しょうゆの代わりに昆布やかつおで濃い目のだしを取ってしょうゆと合わせる自家製のだししょうゆを使用すると良いでしょう。

このように、塩分を抑える方法はいくつかありますので、チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ