二重あごの解消は短期で可能か?原因によってはマッサージで可能

年を取ると色々なところにガタが来るんですが、体形が変わってくるというのは地味にショックですよね。

ガラッと変わるわけではないのですが、気がついたらいつの間にか太っていた、二重あごになっていた。

なんて人もアラフォー、アラフィフの人たちには多いのではないでしょうか。

そういう僕も、お腹が出てきたり太ももが太くなったりと体形の変化を感じています。

今回は、そんな体系変化のうち二重あごについて調べてみました。

スポンサーリンク

二重あごの原因は何か?

加齢のせいで二重あごになるという場合は、多くは脂肪が垂れてきて、その脂肪があごに集中するのが原因であることが多いようです。

いわゆる老化現象というやつですね。

筋肉が衰えることによって、たるんでくるというのが理由です。

 
加齢によらずとも、表情の乏しい人は表情筋が衰えるという話も耳にしますから、日ごろから感情を顔に出すということは大切なんですね。

仏頂面は見た目も顔にもよくないってことなんでしょう。

これ以外にも口呼吸だったり、猫背、姿勢の悪さが二重あごの原因となりうると言われています。

 
また、たるみ以外の二重あごもあり、これはむくみが原因の一つとのことです。

二重あごは短期間で解消できるか?

二重あごを解消するにはどうすればよいかということですが、脂肪が垂れてきてあごに集まるタイプの二重あごは筋肉を鍛えて垂れるのを防止・解消するという方法があります。

また、むくみが原因の場合はマッサージなどをして血行を良くしてむくみを取ってあげれば二重あごは解消されるそうです。

短期間で二重あごが解消できるかどうかについてはむくみによる場合はマッサージ可能ということですが、筋肉の衰えによるものは短期間での解消は難しいです。

スポンサーリンク

二重あご解消のために

まずはむくみによる二重あご解消ですが、これはマッサージが良いとのことで、実際にどのようなマッサージがあるかをYouTubeで探してきました。

こちらです。

見ていると簡単なんですが、これを継続してやるのは意外と難しい。

つい忘れてやらなくなっちゃうんですよね。

で、ふと思い出して後悔する。その繰り返しです。

継続できると二重あご予防に効果大でしょうね。

 
一方、顔の筋肉(表情筋)を鍛える方法としては、こんなものがあります。

舌回し運動というものですね。

舌回しといえば、以前、テレビで奇妙な表情をする専門家が出てきたのを覚えています。

女性芸能人が食いついてやっていて、そんなに効果があるのかなと半分疑いながら見ていた記憶があります。

 
そのほかにはガムをかむというのもあるようです。噛む回数を増やして顔の筋肉を鍛えようということなんでしょう。

その際には硬いガムでノンシュガーだとよいとの情報がありました。

毎日噛んだ方が良いでしょうから、ノンシュガーだと虫歯とかカロリーを気にしなくてよいのでいいかもしれませんね。

 
ペットボトルを突でのエクササイズもあるようです。

こんな簡単なものでエクササイズになるのかとびっくりします。

とはいえ、これも毎日の継続が大切なんですよね。1回や2回やったところで意味がないというのは分かっているのですが、なかなか続かない。

意志が弱いってことでしょうかね。

毎日、鏡を見て自分の状態を確認することでモチベーションをアップするという方法もいいかもしれません。

絶対二重あごを解消してやる!

という意識が毎日わいてくると継続できるのかも知れません。

まとめ

二重あごはできてしまってから対策をとるというのではなかなか元に戻すまで時間がかかるので大変だそうです。

ですから、二重あごになっていない段階からあらかじめ予防の意味でエクササイズなどをしておくというのが望ましいでしょうね。

下回しエクササイズなどをテレビで見たことがありますが、当時は奇妙奇天烈な顔をしているなと気にもしていなかったのですが、年齢を重ね、あごが気になってくると、やっておけばよかったなと。

そう思う自分がいるのも事実だったりします。

特に女性はそう思う人は多いのではないかなと思ったりします。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ