ドライアイのチェック方法とその原因と対策について

目の病気って大変ですよね。

情報の8割ほどが視覚情報だという話もありますから、目にトラブルを抱えると、入手する情報の大部分にトラブルを抱えることになってしまいます。

これって結構困ったことですよね。

今回はドライアイについて扱いますが、ドライアイについては自覚症状のない人も多いと言われています。

この際ですから、ドライアイについて考えてみませんか?

スポンサーリンク

ドライアイのチェック方法

テレビ番組でやっていたそうなのですが、ドライアイかどうかをチェックするには10秒間まばたきを我慢できるかどうかで可能だそうです。

10秒間、まばたきを我慢できなければドライアイの可能性があるとのことです。

 
実際にやってみたところ、僕は10秒間我慢できませんでした。

ドライアイの可能性があるってことですね。

ちょっと試しにやってみただけで、まさかできないことはないだろうと思っていたんですが、ちょっとこの結果にはびっくりです。

スポンサーリンク

ドライアイの原因は何?

ドライアイは目が乾燥するということですが、そもそも加齢によるものもあるそうです。また男性よりも女性がドライアイになりやすいともいわれています。

そして、外的な原因としては空気の乾燥が言えます。

冬場は空気が乾燥しますからドライアイになりやすいでしょうし、エアコンの影響によって乾燥するということも言われています。

また直接エアコンの風を受けることは乾燥の原因になり得ます。

 
更には文明の利器であるパソコンやスマホのやりすぎでドライアイになるということも言われています。

これはパソコンの画面やスマホの画面を凝視して瞬きが減ってしまうことが原因のようです。

 
また、コンタクトレンズの使用もドライアイの原因の一つとされています。涙が蒸発しやすいためにドライアイになりやすいそうです。

その他には血行不良も原因の一つとされています、

ドライアイの対策は何をすればよい?

目が乾いているということですから保湿をすればよいのですが、そのためには目薬をするという方法が考えられます。

しかしながら、これは一時的な対症療法でしかないという人もいます。

原因の根っこから対策をとる必要があるでしょう。

 
パソコンやスマホのやりすぎということであれば、目を休める時間を創るというのも一つの対策になるでしょう。

パソコンについては見下ろす体勢を保つと目が乾きにくいと言われています。

 
目を休めるという意味でしっかりと睡眠をとるという方法もドライアイに役立つそうです。

また、血行不良もドライアイの原因になっているそうですから、ゆっくりとお風呂につかるということも血行不良対策としては有効でしょうし、結果ドライアイの対策にもなるのではないでしょうか。

まとめ

ドライアイは乾燥によって目の表面が傷つきやすくなると聞きました。

怖いですよね。

しかも自覚症状を感じない人も結構いるようで僕も自覚症状はありません。

まばたき10秒チェックもクリアできませんでしたから、ドライアイの可能性もあるわけで、気を付けたいと思います。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ