ピロリ菌の検査除菌費用は?保険が適用されない場合もあるって本当?

胃がんの原因にもなるというピロリ菌ですが、ピロリ菌があるとわかったら除菌した方が良いでしょう。

その際に気になるのが費用なんですが、保険が適用される場合とされない場合があるようなんですね。

ちょっと気になったのでピロリ菌除菌の費用、また関連してピロリ菌検査についても調べてみました。

スポンサーリンク

ピロリ菌検査の費用と保険適用について

色々調べてみたところ、ピロリ菌検査の費用は初診料込で1万円弱というところだそうです。

検査方法にもよりますが、内視鏡検査や他の検査をする場合はもっとかかることもあるようで、さらに1万円程度はかかる場合があるということです。

 
基本的にはピロリ菌検査については保険の適用はないようです。ですから全額自己負担が基本となります。

ピロリ菌が気になるから、ちょっと病院でピロリ菌検査をしてもらおう、なんていう場合は保険の適用がないということですね。

 
一方、状況によってはピロリ菌検査が保険適用になる場合があるそうです。

調子が悪くて病院にかかって胃の検査をしたとします。その際に慢性胃炎と判断された場合にはピロリ菌検査は保険適用になるようです。

 
つまり、単に検査して欲しいから検査してもらうという状況なら保険は適用されず、体調が悪くて病院で診てもらった際に必要な場合で、検査の結果「慢性胃炎」と診断された場合は保険が適用されるということだと思います。

ただし保険が適用されるには、内視鏡検査で確定診断された慢性胃炎である必要があるそうで、内視鏡検査をしないといけないんですね。

ここは注意が必要だと思います。
 

スポンサーリンク

ピロリ菌の除菌費用について

色々とネットで情報を集めてみたのですが、保険適用の3割負担で5000円~6000円程度という情報がありました。

これは診察料とか込みの金額です。

除菌のための薬代が2000円くらい、その後の検査で3000円くらい、診察代が1000円くらいという内訳のようです。

当然、病院によって金額は変わってくるでしょうから、受診しようと思う病院に問い合わせるのが確実かと思います。

 
最近のピロリ菌は薬に対する耐性がついているものも出てきているようで、除菌が1回で除菌できない人もいるようで、そういう場合は別の除菌方法をするという話を聞きました。

その場合は別途費用が掛かってきます。

まとめ

僕は以前、お腹の調子が悪くて胃カメラを飲んだことがあるのですが、その時は胃が真っ黒でした。

そのため友人からは「腹黒」と呼ばれたこともありますが、その時にお医者さんがピロリ菌検査をしてくれたのか、「ピロリ菌はいませんでしたよ」と言ってくれたと記憶しています。

その時の料金は高くなかったと思うので、保険は適用されていたのかなと思います。

 
ピロリ菌がいると胃がんのリスクが高まると言われているのでできればピロリ菌の検査はしておいた方が良いと思います。

アマゾンでは

こんな検査キットも売られていますが、個人的には病院でお医者さんに検査してもらう方が安心できるんじゃないかなと思っています。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ