口臭の原因と対策・予防法 スメハラに注意

以前、口臭のチェック方法について書いてみました。

口臭対策をする前に、とりあえず自分の口臭がどれくらいのものなのかチェックしててみようかと。

いくつかのチェック方法をご紹介しましたが、簡単なものもありますので、是非ともチェックしてみてください。

さて、今回は口臭の原因と対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

口臭の原因と対策にはどのようなものがある

口臭の原因としてネットを探してみると、いろいろな原因があることが分かります。

舌の苔、舌苔(ぜったい)や歯周病などたくさんの原因があるんですね。とりあえず、たくさんある原因を知ったうえで、自分に思い当たるところがあるかチェックしてみるのもいいかと思います。

まずは原因から。では行きます。

舌苔(ぜったい)による口臭

いわゆる舌にできる苔ですね。

鏡で舌を見てみたら、舌に白いものが一面にできている。という経験をしたことがある人もいるでしょう。

中には舌が黄色くなっている人もたまに見ますよね。

舌苔とは舌の角質なんだそうです。それが伸びて硬くなって、その隙間に汚れなどが溜まって臭いの原因になると言われています。

 
対策として、最近では舌磨き用の歯ブラシもありますので、それを購入して舌磨きをするのもいいでしょう。

その際に、ゴリゴリとこすってしまうと舌を痛めてしまうので優しく磨くようにしましょう。

毎日舌磨きをしていると、ゴリゴリとやってしまいたくなるんですが、舌を痛めてしまうと元も子もありませんから、やさしく磨きましょう。

スポンサーリンク

歯周病による口臭

歯周病も口臭の原因となるようです。

歯医者さんのホームページを見ると、書いてあることが多いのですが、歯周病は歯槽膿漏とも呼ばれていて膿が出るそうなんですね。

怖いですね。

歯ぐきの溝に細菌が増殖して臭いのもととなるガスを発生させるので口臭がするんですね。

 
歯周病の対策として言われているのは歯磨きをするという、ごくごく当たり前のことのようです。

ただし、歯磨きと言っても正しい歯磨きの仕方ができていない人もいますから、一度歯医者さんに行って歯磨きの指導を受けることも検討してみるのがいいと思います。

歯磨きの回数だとか、1回の歯磨きに要する時間とか今まで自分がやっていた歯磨きが間違っていたと思うことも多いでしょう。

実際、過去のテレビで歯科医の先生が出演していたときに、正しい歯の磨き方を紹介してもらったところ、他の出演者が自分のやり方は違っていたと驚いていた。

という記憶があります。それだけ正しく歯を磨けていないってことなんですね。

銀歯による口臭

銀歯の表面や歯と銀歯の境目、そして傷ついた銀歯の傷などに細菌がこびりついて悪臭を放つ原因となるようです。

銀歯の傷は長く銀歯を使っていれば当然できてくるものですから、銀歯を使用している限り避けようのないものではあります。

 
銀歯による口臭の対策として、今は銀歯に変えてセラミックの歯があるそうなので、銀歯をセラミックの歯に変えてみるというのも一つの方法かもしれません。

セラミックは傷がつきにくいとされ、金属アレルギーを起こさないので体に優しいと言われています。

ただ、保険がきかず費用が高くなってしまうのが難点です。

まとめ

口臭は自分で気づかないために、知らず知らずのうちに周りに迷惑をかけていることも考えられます。

口臭にはこれまで挙げた意外にも原因があると思いますが、内臓などの病気による口臭というのもあると聞きます。

色々と口臭対策をしているのに口臭が消えない。

という場合は、念のために病院に行ってまずは内科などで診察してもらうのがいいのかもしれません。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ