下半身の冷えの原因と効果的な解消法は?ストレッチで改善できる?

hie

下半身の血流が悪くなって冷える症状を「下半身冷え性」というのだそうです。

血流が悪くなってしまった結果、足先へ熱を運べなくなってしまう状態になり下半身が冷えるんですね。

その一方で上半身は火照ってしまうという特徴を持ちます。このようなアンバランスな状態では何をするにも負担になりますね。

そこで今回は、下半身冷え性についてその原因と対策についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

下半身が冷える原因はおしりにアリ?

色々と調べてみると、下半身が冷えるのにはいくつか理由があるようです。ここではその理由をいくつか挙げてみます。

お尻の筋肉・梨状筋が凝り固まっている

下半身の冷え性の原因の一つに、梨状筋というお尻の筋肉が固まって神経を圧迫して血流が悪くなるということが原因として挙げられています。

圧迫された神経は坐骨神経という神経で、その神経が圧迫された結果、自律神経に影響して血管が細くなるとされています。

その結果、血流が悪くなると。

なので、梨状筋が凝り固まって冷え性になっている場合は、お尻の筋肉をほぐすことで冷え性対策になるでしょう。

梨状筋が固まっているかのチェックは簡単にできるそうです。引用します。

(1)イスに座り、片脚の足首をもう片脚のひざの上に乗せます。

(2)乗せている方の脚のひざをひじで押しながら、上半身を前に傾けます。このとき、乗せている方の脚側のお尻の筋肉が痛くなる人は、梨状筋が硬くなっているということです。

引用:下半身の冷えに困った時は|メンズスキンケア大学

簡単ですので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

骨盤のゆがみからくる冷え性

骨盤がゆがむということは日常生活をしている上でよく言われることです。骨盤矯正などという言葉もよく耳にしますからね。

骨盤がゆがんでいると血液の流れが悪くなってしまいます。上半身から下半身への血流がスムーズにいかなくなるんですね。

そのため、下半身が冷えてしまうということになるんですね。

スポンサーリンク

下半身が冷えることで引き起こされる症状は?

下半身が冷えると何が問題となるのでしょうか?

火照る

下半身冷えを実感されている人であれば、いまさら言うことでもありませんが、上半身や顔が火照ってきます。

下半身への血流が悪いために、下半身へ熱が伝わらず上半身に熱が溜まると言う状態になるんですね。

心臓への負担もかかるようですので良い状態ではありません。

足がだるい・むくむ

血流が悪いということは、足がだるくなったり、むくんだりする原因にもなりますね。過去にも血流が悪いことで「むくみ」が生じるということは記事にしてあります。

足や手や顔のむくみの原因と対策!冬よりも夏に多く発生

 
血流が悪いということは色々と問題が起こってきます。栄養が身体に回りにくくなったりもしますし良いことはありません。

出来るだけ早く血流を良くする対策をとった方がいいですね。

下半身冷えに効果のある方法は?

梨状筋の凝り以外の原因としては骨盤のゆがみを挙げておきました。

骨盤がゆがむのは姿勢が悪かったり、体の重心が偏っていたりすることが大きな原因ですので姿勢を正しくするように気を付けること。

また、片一方の足だけに重心をおくなどせず、均等に体重をかけるということを心がけるとよいでしょう。

1分ほどの骨盤矯正ストレッチの動画を見つけましたので引用します。

短い動画ですが、自力で骨盤矯正ができるということで試してみるのもいいのではないでしょうか。

右、左のどちらかが付きにくい方を20秒、つきやすい方を10秒ほどやって、これを3セット位繰り返すと良いそうです。

まとめ

冷え性は体質だからと諦めるのは怖いと思うんですよね。

これまで書いてきたように、血流が悪いということが原因で冷え性になるということであれば、そこから生じる問題としては冷え性だけではない可能性がありますからね。

色々なところに悪影響が出てくる可能性も否定できません。

ある程度、考えられる対策があるのであれば対策しておいた方が、後々のためにいいと思います。

今回紹介した方法も、そんなに難しいものではありませんから、是非ともチャレンジしてみて下さい。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ