黒いタール便で下痢の場合は何の病気?大便の色で健康チェック!

wc-202597_640
大便の色や形状で健康がチェックできるということは多くの人が知っていることと思いますが、具体的に何色の便があるということを知っている人はあまり多くないのではないでしょうか。

いつも見ている便と違う便だった場合、健康状態が悪くなっているのではないかと心配になりますよね。

そこで健康な便とはどのような色なのか、変わった色の便はどういった症状の表れなのかということを調べてみました。

スポンサーリンク

健康な便の色とは茶色や黄土色

基本的に健康な便の色というのは、いつもトイレで見ている便がそうだということになりますが、通常は茶色や黄土色をしています。

この状態で形状がバナナ状の便ということであれば健康な便であると言っていいと思います。

ただし目に見えない血が混じっている場合があったりしますので100%安心と楽観はしない方がいいでしょう。

定期的に健康診断を受診するなどして健康には気を付けるようにしましょう。

スポンサーリンク

タール状の黒い便は何かの病気?

以前、黒い下痢便についての記事を書きました。それがこちらです。

便が下痢気味でしかも黒い!何かの病気?原因は何?

ここでも書いた通り色について、便が黒い理由としては病気によるものもありますし食べ物によるものもあります。

オレオなどのクッキーを食べて便が黒くなると言う話もよく聞きます。他の食べ物だと、ノリやイカスミを食べた場合なども黒くなると言われています。

また貧血の薬で鉄材を飲んでいる場合も便が黒くなります。

このように原因がはっきりしていて形状が普通のものであれば問題ありませんが、そうでない場合は病気が疑われます。

 
形状がタール状というのはドロッとした便の事で通常の形を保てていない水状の便です。

タール状の弁で色が黒いということは、その原因として胃や十二指腸など、口に近い消化管からの出血が考えられます。

内科あるいは消化器科を受診して医師に診てもらうべきでしょう。

便の色による健康状態

便の色は茶色・黄土色や黒色だけではありません。赤色や黄色、白色、緑色などの色があります。

赤色の便

赤色の便は血が混じっている便です。便の表面に血がついているという状態であれば痔の可能性があります。

便全体が赤いということであれば大腸からの出血が考えられます。

いずれにしてもまずは内科へ行って出血がどこからなのかを確認してもらった上で、痔であれば肛門科で受診ということになるでしょう。

黄色の便

黄色い便で下痢が続くということであれば過敏性腸症候群という病気が考えられます。

過敏性腸症候群はストレスが原因とされることもありますので体ももちろんですが、精神的なものも治療が必要になるでしょう。

現代社会はストレスが蔓延していますから、なかなかストレス軽減というのは難しいとは思いますが、できるだけリラックスして精神を休めることが大事ですね。

白色の便

便が白いというと管理人はバリウムを飲んだ後の便。という印象が強いのですが、それ以外にも便が白くなるということがあります。

便が白い場合は胆汁が出ないということが原因の一つです。また脂肪の摂り過ぎで便が白くなることもあります。

バリウムを飲んで便が白いというのはあらかじめ分かっていることですから問題はありませんね。

脂肪の摂り過ぎで便が白い場合は脂肪の摂取を控えるということが考えられるのではないでしょうか。

それ以外だと、やはり胆汁が出ないことが原因と考えられますので内科か消化器科を受診して医師に診てもらうのが良いでしょう。

緑色の便

基本的には緑色の便は病的なものではないと言われています。赤ちゃんの便などは健康な便でも緑色になることがあるようです。

大人で緑色の便が出ると言う場合ですが、まずは食べ物が原因によるもの。

健康に良いからと言ってスムージーが中心の生活をしていると言う人は緑色の便になる場合もあるのではないでしょうか。

 
基本的には病的なものではないとはいうものの、大人の緑色の便というのは、通常の便と違う色ということでやはり気にする必要はあるかもしれません。

肝機能が低下していたり、腸内が炎症を起こしていたりする場合があるそうなので体調に変化を感じたら速やかに病院で診てもらうことをお勧めします。

まとめ

管理人はすでにアラフォーでありまして健康が気になってくる年齢でもあります。周りでは、やれ何の病気になっただのという話題をよく耳にします。

若いころは遊びにかまけて健康のことなど2の次だったのですが、年を重ねるにつれて健康って大事だなと。しみじみ感じるようになりました。

若いころから健康管理をきちっとすることは大事だなと。自分自身や周りを見ているとつくづく感じます。

今からでも遅くないので健康なことを生活に取り入れていこうかなと。そう思う管理人でした。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ