ミョウバン水って制汗や消臭に効果がある?作り方や使用法は?

wakiase

運動をすれば汗をかくと言うのは当然のことですが、夏場は運動をしなくてもジメジメと汗をかくってことは良くありますよね。

汗をかくとベトベトして気持ち悪いし嫌なにおいを放つのが気になります。

エレベーターなどの密室などの場合は早くその場から逃げ出したいとも思うくらい汗のにおいというのは嫌なものです。

そういった汗対策にあなたは何をしていますか?

制汗スプレー?制汗クリーム?

それらもいいですが、ミョウバン水を試したことってありますか?

スポンサーリンク

ミョウバン水って制汗効果やにおい対策に効果があるの?

ミョウバン水というのは結構、汗かきさんの間では知れ渡っているシロモノなんですよね。

ヤフー知恵袋などにもミョウバン水で汗をかきにくくなったとか、においを消すのに効果がある。などと書き込まれているものをよく目にします。

しかしながらミョウバン水というのは本当に効果があるのでしょうか?

やっぱり気になりますよね。

実際のところ、ミョウバンには殺菌や制汗、収斂作用があり汗のにおいにも効果があるようです。制汗作用もあるので、汗自体も出にくくなると言えましょう。

ミョウバンは水に溶けると酸性になるので、その効果で雑菌の増殖を抑えるということからにおいを抑えるんです。

更にいうとミョウバンには金属が含まれていて、その金属とにおいの元が反応して金属消臭という効果が得られるとのこと。

難しいことは分かりませんが、アンモニアに対する消臭効果があるそうです。

ミョウバン水の効果としては期待できると思っていいでしょう。

スポンサーリンク

ミョウバン水の作り方について

ミョウバンに効果があるということがわかったら、やっぱり自分で作りたいですよね。

効果があるとわかったら、今までのデオドラント剤を使うのは止めてミョウバン水に切り替えたくなりますね。だってミョウバン水の方が安上がりですから。

それではミョウバン水の作り方についてご説明します。

 
ミョウバン水を作るのに用意するものは、ミョウバンと水道水です。水は水道水の方が良いとされています。ミネラルウォーターなどの水では塩素が入っていないために保存期間が短くなると言われています。

ミョウバンと水道水の割合は1:30です。ミョウバンが10グラムだとすると水道水は300グラムでしょうか。

使用するミョウバンは焼きミョウバンが良いとされています。生ミョウバンもあるようなんですが、ミョウバン水を作るなら焼きミョウバンを使いましょう。

材料がそろったら、この2つの材料を混ぜるだけなんですよね。なんて簡単なんでしょう。混ぜるのにはペットボトルなどを使うと良いでしょう。

最初はミョウバンと水道水を混ぜても、ミョウバンが解け切らないこともありますので、冷暗所などに1日から3日ほど保存して解け切るのを待ちます。

解け切ったら透明になるのでそれまで待ちましょう。

基本的にはこれだけなんですが、水の代わりに緑茶を使うとカテキンが作用して消臭効果が高まるということが言われているようです。

また、レモン汁を加えると消臭効果が持続するとも言われています。

ここら辺はお好みに応じて加えるなりしてください。初めのうちはノーマルから始めた方がよいとは思います。

この1:30のミョウバン水がミョウバン水の原液となります。

実際に使用する際はこれをさらに薄めて使用します。大体10倍くらいに薄めることが多いようです。

ミョウバン水の使用方法について

100均などでスプレー容器が売られているので、そのスプレー容器に10倍に薄めたミョウバン水を入れて気になるところにスプレーすればOKです。

肌が弱い人は肌荒れを起こす可能性もありますので、目立たないところでパッチテストをするとよいと思います。

肌に合わないと言う場合は、残念ですがミョウバン水でのデオドラント処理は諦めましょう。

臭いが嫌だからと言って、ミョウバン水が肌に合わないにもかかわらず使い続けるのは危険です。

あと、においが気になる部分が口(口臭)だからと言ってミョウバン水を飲むことは止めましょうね。いないとは思いますが念のため。

ミョウバン水の濃度について

さて、実際に使用するとなると先ほども書いたように、10倍ほどに薄めて使用します。

効果を高めたいからと言って濃度を濃くするということは止めた方がいいと思います。肌に良くないですしね。

使用上の容量・用法を守って使いましょう。

ミョウバン水の持続時間や保存方法について

ミョウバン水の持続時間、つまりどれくらい効果が続くのかということですが、一般的には6~7時間という数字を見かけますが人によって違ったりするので、個人個人違うと言うのが正直なところでしょう。

また手汗が酷くてすぐに効果がなくなってしまう。という人もいるようですし。

6~7時間を目安に自分自身で計ってみるといかがでしょうか。自分はちょっと6時間は持たないなとか。あれ?10時間でも大丈夫。

みたいな感じで個人差があると思いますので。

まとめ

においって嫌ですよね。汗のにおいもそうですし、年齢を重ねてくると加齢臭というのも出てくるみたいです。

においの嫌なところは、自分で気が付かない時があるってことですね。自分で分かればそれなりに対処しようと思うのですが、分からないのでは対処するきっかけがつかめません。

まぁ常日頃から注意をしなければいけないということなんでしょうけど、エチケットというのは気を付けるに越したことはありませんね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ