舌が痛い時の口内炎の治し方!原因は口の中の細菌なのだ

kounaien2

何か口の中が痛い!知らない間にできていた口内炎。あなたも経験がありませんか?

そう感じた次の日には結構大きく育ってしまったりして食べ物を食べるのも話をするのもつらいですよね。

特に舌にできた口内炎というのは痛いし食べ物を食べるのにも不都合が出てきます。口内炎がなければ美味しいものを美味しく食べられるのに。そう思う人も多いのではないかと思います。

中には口内炎になったら治るまでじっと待つ。という人もいるかもしれませんが、少しでも早く痛みから解放されたいですよね。

今回は、できてしまった口内炎に対する対処法についてご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

口内炎ができる原因には何があるのか?

基本的には口内炎ができるのは口の中にある細菌が原因だと言われています。

口内炎になるきっかけは、口の中を噛んでしまったり、歯がとがっていて、その歯が舌を傷付けてしまうことで、そこで細菌が繁殖して口内炎になってしまう。という事が多いようです。

その他にはビタミン不足や体力の低下と言ったことも原因の一つだとされています。

日頃から体調管理には気を付けておきたいものです。

スポンサーリンク

口内炎の治し方はコレだ!

口の中を清潔にする

口の中の細菌が原因で口内炎になるという事ですので細菌を退治してしまえばいいのではないかと。そう思ったりもします。

よく言われているのがリステリンなどで口の中をゆすぐという事です。

歯みがきなどで口の中をきれいにするという方法もありますが、磨き残しもありますし、そういう事を考えるとやはりリステリンなどの液体歯磨きが良いのではないかと思ったりします。

通常、リステリンは口をゆすいだ後はそのままでいいのですが、口内炎には刺激もよくないとのことですのでリステリンで口をゆすいだ後は、水で軽く流すと良いと言われています。

体の抵抗力を回復させる

身体の抵抗力が落ちているために口内炎になるという話も耳にします。既に口内炎になってしまってから抵抗力をつける準備をしてもどうなのかとも思ったりもしますが、やらないよりは少しはいいのかもしれません。

よく言われているのはビタミンB2やビタミンC補給ですね。

ですから、サプリメントなどでビタミンB2やビタミンCを摂取するという方法が考えられます。

とはいえ、やはり体の抵抗力については日頃から気を付けておくべき事であろうとは思ったりします。

痛みを軽減させる

口内炎の悩みと言えばその痛みです。最低限、痛みを軽減できれば、まずはそれでいいわけですよね。その手の対策商品が販売されているようです。ケナログという薬やオーラルファインという商品です。

ケナログというのは口内炎用の軟膏でガーゼに付けて口内炎にあてます。30分くらいあてて取り除くのだそうです。

オーラルファインはアマゾンなどでも手に入りますがトローチです。基本的にオーラルファインは口内炎を治すものではなく、痛みを軽減するという効果があるようです。

病院へ行く

とにかく痛い。何とかしてほしい。

という場合は、やはり病院で診てもらうというのが良いのかと思います。耳鼻咽喉科が良いとか歯医者が良いとか色々と言われますが、同じ科でも得意不得意があったりすると感じますので、事前に電話をして確認してから病院で診てもらった方がよいでしょうね。

たかが口内炎で。という人もいるかもしれませんが、まぁ大事を取って病院で診てもらうというのも一つの手かと思いますよ。

まとめ

口内炎ができるきっかけは、口の中を噛んだりすることで傷ができることですので、防ごうと思って防げるものではないと思います。日頃から注意はしていても、噛んでしまう時は噛んでしまいますからね。

そのため、噛んでしまったあとにどれだけ素早く対処できるか、また、日頃から口の中の細菌に注意しておくという事が大事になってくるかと思います。

管理人は虫歯対策としてリステリンを使用していますが、リステリンを使用してから口内炎ができても、それほど重症にならないと感じています。やはりリステリンで口をゆすぐという事は口の中の環境を整えるのには良いのかなと思っています。

また、これまで紹介した方法を試してみても痛みが続くようであれば、やはり病院に行って診てもらった方が良いと思います。口内炎以外の病気であるという可能性も否定できませんので、自己判断せずにきちんと病院で診てもらいましょう。

どこで診てもらうべきかという事ですが、口の中の事ですので歯医者さんが良いという人もいます。念のために、事前に歯医者さんに電話をして症状を伝えて対応してくれるかどうかを確認してから予約すると良いでしょう。

でもですね、管理人の経験から言わせていただくと、歯医者さんの予約ってその日に予約してその日に診てもらえるってことは少ないんですよね。そこが意外と盲点だったりしますので、やはり日頃からのお口のケアというのは大事にした方がいいと思います。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ