下痢には水分の補給が必要!OS-1などの経口補水液も役立つ

geri

下痢の症状があるときは水分を補給した方がよいと言われています。下痢で体の水分が不足し脱水症状になるのがその理由です。

アルコールの飲みすぎや暴飲暴食で下痢になったという人の話もよく耳にします。

今回は下痢の状態になった場合に水分補給は何を飲めばよいのか、どのようにどれくらい飲めばよいのかという事について調べてみました。

スポンサーリンク

下痢になるとどうなるか。注意点は?

下痢になると体中の水分が不足し脱水症状になる危険性があります。本来、小腸で吸収すべき栄養分が下痢によって体外に排出されるために体力を消耗することにもなります。

水分が不足するために脱水症状になるので、下痢になった場合は水分を補給しなければいけません。しかし単に水を飲んだだけではダメで、カリウムやナトリウムなどの電解質を補給する必要があります。

それでは、下痢による脱水症状を改善するための水分補給は何をどれくらい飲めばよいのでしょうか?

スポンサーリンク

水分補給は何をどれくらい飲めばいいの?

一般的にはOS-1という商品に代表される経口補水液(ORS)というものを飲むのが良いとされています。水分と電解質を補給できるように、ブドウ糖やナトリウムなどを調整して作ってある飲み物です。

実際に飲んでみると感じるのですが、あまり美味しくありません。ポカリスエットのようなスポーツ飲料は美味しいと感じるのですが、OS-1は美味しくないのです。

このことからも分かるように経口補水液とスポーツドリンクはそれぞれの成分の割合が異なりますので、下痢の場合にはスポーツドリンクをそのまま飲むという事はお勧めできないと言われています。糖分が多くて胃腸に負担をかけてしまうからです。

そのため、スポーツドリンクを飲むという事であれば飲めるくらいに薄めて飲む。という事が必要になってくるとのことです。

スポーツドリンクはスポーツの後の水分補給には適しているのですが、下痢などでの脱水症状の場合にはスポーツドリンクよりもOS-1などの経口補水液がよいでしょう。

水分をとるタイミングとしてはこまめに少しずつ飲むと良いとされています。

また、水分補給の際の飲み物の温度に関しては常温がよいです。冷蔵庫でキンキンに冷やした飲み物はお腹によくありません。

自宅で経口補水液を作るには?

OS-1が自宅にない。という場合、経口補水液を作るということも可能です。

水1リットルに対して、砂糖40グラムと塩3グラムを溶かします。この水は湯冷ましが良いそうです。

これで塩分と糖分の割合は良いのですが、飲みにくいという場合は、これにレモン汁などを加えると飲みやすくなります。

下痢の時にやってはいけないことはあるの?

先ほども書いた通りですが、ポカリスエットなどのスポーツドリンクはそのまま飲むのではなく、薄めて飲みましょう。できれば経口補水液が良いです。

下痢の原因が菌によるものであれば、下痢止めなどの薬は飲まない方がよいでしょう。下痢止めを飲むことで逆に菌を身体の中にとどめてしまうことになります。

下痢が治ったとしても栄養補給は消化の良いものから始めましょう。いきなりガツガツと食べてはいけません。

水分補給に際しては、補給しなければいけないからと一気にたくさんゴクゴクと飲んではいけません。少しずつ噛むようにして飲みましょう。

水分補給が大事だからと言って、利尿作用のある飲み物は控えましょう。

まとめ

下痢になった場合には水分補給が大事だという事は分かると思うのですが、だからといってむやみやたらに水気のあるものを飲めばよいというわけではないのですね。

コーヒーやお茶などは利尿作用があると言われています。せっかく水分をとったのに、利尿作用で尿として水分が排出されたのでは意味がありません。

下痢に限りませんが、正しい知識を持って対処したいものですね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ