便が下痢気味でしかも黒い!何かの病気?原因は何?

benki

トイレで用を足してふと便器を見ると便が黒かったという場合、何か身体に悪いことが起きているのではないかと心配になりますよね。しかも下痢だったりすると結構心配になるかと思います。

便の状態で健康状態を図るという人もいるくらいですから、便が黒いとなると何が原因なのか、やはり気になります。

そこで今回は黒い下痢気味の便が出た場合について調べてみました。

スポンサーリンク

そもそも黒い便とはどういうモノか?

便が黒いという事についてはいくつか原因があるようです。病気を原因とするものもありますし、食べ物が原因で便が黒くなるという事もあるとのことです。

食べ物が原因で便が黒いという事であれば、それほど心配はないのですが、病気で便が黒いとなると、できるだけ早く内科や消化器科や胃腸科で受診した方がよいだろうと思います。

食べ物が原因で便が黒くなる場合とは?

基本的に黒いものを食べると黒い便が出てくると言われています。オレオというビスケットがありますが、あれを食べて便が黒くなったという人をよく耳にします。

また、赤ワインや紫の野菜ジュースを飲んだり、鉄剤を飲むと便が黒くなることもあるようです。

病気が原因で便が黒い場合とは?

病気によって便が黒くなる理由としては、便に血液が混ざってそうなることがあると言われています。出血の場所としては胃や腸からが考えられます。

直腸や肛門の近くで出血している場合ならば血液は赤い状態で確認できるので、その違いを確認することができると思います。

同じ血液なのに赤と黒があるのは出血場所によるのですが、上の方の消化器(胃など)で出血した場合は、便として出るまでの時間で血液が酸化されて黒くなります。

肛門近くの場所で出血した場合は、便として出るまでの時間が短いので色としては赤い色として出てきます。

スポンサーリンク

下痢で便が黒いのは何かの病気なのか

下痢状の真っ黒い便は「タール便」と呼ばれているようです。単に黒っぽいという便よりも真っ黒という便ですね。

この場合は注意が必要だという事です。

先ほども書いたように、便が黒い理由は血液が酸化して黒くなっているからです。そしてその出血量は多いと思われますので、できるだけ速やかに病院を受診した方がよいと思います。

病気としては、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどが疑われるようです。

黒い便が出てきたらどうすればよいのか?

基本的には病院で受診するのが良いとは思います。便を黒くする食べ物に心当たりがあれば、少しは様子を見てもいいかもしれませんが、そのような心当たりがないという事であれば、やはり病院で診てもらった方がよいでしょう。

便が黒いのを放っておくとどうなるのかという事ですが、病気が原因で便が黒くなっているという場合は、出血があって便が黒くなっていますから、出血が続くと貧血にもなりますので、あまりよくないと言えます。

まとめ

普段と違う色の便が出てきたら結構衝撃を受けますよね。食べ物によるもので一過性のものであれば、たまたまだったのかなと思ってもいいでしょうが、気になるのであれば病院で胃カメラや大腸カメラをやってもらうという選択肢もあるでしょう。

一過性のものでないとなれば、やはり病院で受診する必要があろうかと思います。

黒い便の場合もそうですが、血便のような血が混じっている場合も、やはり病院で診てもらうことが大事だろうと思います。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ