ワキガ対策に脇毛処理は有効らしいが抜くよりも剃るべし!

wakiga

ワキガ対策として脇毛の処理をすると良いという話を耳にします。脇毛があることでにおいが強くなってしまうのと、脇毛がにおいを吸収し発散させているというのです。

だから脇毛を処理するとワキガ対策にもなるというのですが、本当のところはどうなんでしょうか?中には、脇毛の処理とワキガは無関係だとか、逆にさらに臭くなるという人もいます。

色々と調べてみると、やはり脇毛を処理した方がワキガ対策になるという意見が多くを占めているようです。

しかしながら、脇毛がなくなればそれでよいという単純な事でもないようで、処理の仕方も大事なのだそうです。今回はその脇毛処理について調べてみました。

スポンサーリンク

ワキガ対策に脇毛処理は有効なのか?

実際のところ脇毛を剃ったとしてもワキガ自体が治るという事はないようです。

ワキガはアポクリン腺から出てきた汗に含まれるにおいの元が原因なので、ワキガを根本的に治すとすれば、やはり手術によってアポクリン腺を除去するという方法が考えられます。

最近では切らない手術も出てきているようですので、気になるのであれば検討してみてはいかがでしょうか。

なぜ脇毛処理をするとワキガ対策になるのか?

脇毛にはワキガのにおいが染みつくと言われています。

脇毛がにおいをため込んでしまうんですね。そのため脇毛を処理することで臭いを軽減させることができると言われているようです。

女性ならば脇毛の処理は普通だと思いますが、男性だとちょっと気になるという人もいるかもしれませんね。

最近は男性でも処理をする人が出てきているという話も聞きますので、ワキガが気になるのであれば処理をするという方法も一つの手だと思います。

スポンサーリンク

脇毛処理の種類について

脇毛の処理がワキガ軽減に役に立つのではないかという事は分かったと思うのですが、では、どのように脇毛処理をしたらよいでしょうか?

豪快な人は何本か脇毛を掴んでむしり取る。などの方法をとるかもしれませんし、ピンセットで1本1本抜くという人もいるかもしれません。

しかし、脇毛を処理するに際して「抜く」という方法は避けた方がよいとされています。

なぜ脇毛を抜くのはダメなのか?

脇毛を抜くと汗腺を刺激して汗の出る量が増えてしまうという事らしいんです。においの元はアポクリン腺から出る汗に含まれるわけですから、汗の量を増やしてしまう方法はダメなわけです。

また、脇毛を抜くことで毛穴が目立ったり、毛穴が黒ずんでくるというデメリットもあるようなので、やはり脇毛を抜くという事はお勧めできる方法ではないという事になります。

脇毛は剃りましょう

脇毛を抜くことが良くないという事であれば、やはり脇毛処理の方法としては、剃るという方法をお勧めする事になります。

脇毛を剃っても汗が増えるという人がいるようですが、おそらくそれは脇毛がなくなって汗を感じやすくなったという事からそう感じてしまうのかもしれません。

脇毛を剃る際は、肌に刺激を与えないように十分注意して剃るとよいようです。力加減が難しいとは思いますが、抜くという方法よりは刺激を与えにくいのではないかと思います。

また、男性であればツルツルに剃ることに抵抗があるかもしれません。そういう場合は脇毛を短く切ってしまうという方法もあるようです。

デオドラントクリームの併用も

ワキガの場合、通常のデオドラント商品を使用してもあまり効果が感じられないという人もいるようです。

そこで、ワキガ用のでデオドラント商品を使うわけですが、香りのあるデオドラント商品は使用しない方がいいそうです。においが混ざって大変なことになるとか。

そして持続力という点ではクリームタイプがおすすめだそうです。

まとめ

ワキガの根本的な対策というのはアポクリン腺処理という事ではありますが、手術は怖いとか、症状が軽いので手術までは考えていない。という人もいるかと思います。

そういう場合は脇毛の処理を試してみてはいかがでしょうか。

脇毛を処理し、デオドラントクリームで臭い対策をしてみたりして効果が感じられれば、それを継続することで手術という方法を避けることができるかと思います。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ