ワキガの手術で後遺症の跡が残るのが怖い!どうしたら?

wakiga

ワキガのにおいってキツイですよね。ワキガの人なら自分がにおわせているという事がキツイですし、ワキガでない人ならそのにおいを感じるのがキツイです。

ワキガ対策としては手術が一番最初に思いつきますが手術ではその後遺症が気になります。

よく言われるのが手術跡ではないでしょうか。

芸能人でもワキガの手術をしたのではないかと言われている人がいて、ネットでは脇の画像などと共にアップされているものをよく見かけます。女性ハーフ芸能人に多いと言われていますが真実は分かりません。

今回はそんなワキガについて手術以外の方法がないものか調べてみました。

スポンサーリンク

ワキガの手術による後遺症について

ワキガについて根本的に解決する方法としては、やはり手術しかないという話を耳にします。においの原因であるアポクリン腺を除去する手術です。

しかしながら、保険が適用されるような切開手術はアポクリン腺を9割がたは除去できて、においは気にならないほどになるという事ですが、アポクリン腺を100%除去することはできないそうです。

また、子供がワキガの場合、子供の頃に手術をしてしまうと、成長に伴ってアポクリン腺も成長してワキガのにおいが再発するということも考えられます。

という事で、ここではワキガの手術による後遺症について考えてみようと思います。

傷跡が残る

ワキガの手術をする際に脇に傷跡が残るという事は一番気になる点ではないでしょうか。

夏場になればノースリーブの服を着ることもあるでしょうし、海に行って水着になることもあるでしょう。

そうなればワキを見せるという必要が出てきます。もちろん、海に行っても水着にTシャツというスタイルで海には入らないという選択もあるでしょうが、それを貫くのも大変です。

色々と調べてみると、傷跡については時間が経つにつれて薄くなっていくことが多いとは言われていますが、個人差があるようで、人によっては傷が目立ってしまっているという人もいるようです。

また、手術をしてくれる医師の技術によっても傷跡の残り具合というのは変わってきますから、手術をするのであれば、いろいろな要素を検討しなければいけないでしょう。

ワキガ以外の体臭が強くなる

手術でアポクリン腺を除去しワキガのにおいは軽減されたものの、脇以外の部分のにおいが強くなった。という報告もあるようです。

術後臭と言われているようですが、医学的には認められていないようで病院で治療を受けられないそうです。

この他にも汗の量が増えるなどの後遺症があるようなので、手術については慎重に検討した方がよいでしょう。

手術を受けて成功した人の中には手術を勧める人が多いようですが、手術ですから少なからずリスクは存在します。手術を検討しているなら、実際に医師と相談して慎重に検討すべきでしょう。

スポンサーリンク

切らないワキガの手術やその他の方法ってあるの?

色々とワキガについて調べてみたところ、切らないワキガの手術というものが存在するということが分かってきました。

電気凝固法

電気凝固法という脇を切らず、絶縁針という針でアポクリン腺を凝固させてワキガを軽減させるというもののようです。

しかし、この方法は軽度のワキガ体質の人であれば満足度は高いようですが、重度のワキガ体質の場合、効果としては満足を得られるほどではないと言われています。

手術を検討しているが切開手術をするのは怖い。という場合に、まずはこの方法で試してみる。という考え方もあるようです。

電気凝固法で期待したほどの効果が得られない場合は、切開手術でアポクリン腺の除去を検討する。という考え方ですね。

わきが用デオドラント

当然ながら手術が怖い。という人はいますよね。そういう人は、まずはワキガ用デオドラントの使用をお勧めします。

色々と商品が販売されていますので、自分に合った商品をチョイスしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

自分でワキガだとわかっている人はそれなりの対策をしようと思いますから、色々と悩むものですが、自分がワキガだと気づいていない人は、いろいろな意味で困りますよね。

自分で確かめるのも難しいですし、人に聞くのも色々と憚られますし。

ワキガチェッカーとかそういう機械が発売されればいいのに。なんて思うのは管理人だけでしょうか。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ